Top
今、昔、物語。
昔、昔。
母から頼まれてお遣いしていた物。
ひとつは豆腐。
そしてもうひとつは卵。

当時お豆腐は一斗缶に入って売っていた。
家から台所のボールを持参しお水を張って持ち帰った。
「おじちゃん、木綿一丁くださいな。」
「また買いに来てくれたんかぁ。えらいのぉーーー。」

レジ前に大きな黒いワンちゃんがおって、犬さんが苦手だった私はあまり気のりしないお遣いだったが、
全く吠えないし、いつもゴロンと横たわっておとなしい子だったので、まぁ大丈夫だった^^
今から思えば駄菓子も置いてあったのに、そのコーナーへは一歩も近づかず豆腐だけ買って一目散に家に戻っていくような、ど真面目な子どもだった事に驚く^^

父は生みたて卵を生で食べる人だった。
町内に養鶏場が一軒あって、そこから直接買っていた。
御まま事で使う小さな買い物かごにお財布。
それだけ持って坂道を下り、てくてくてくてく歩いて買いに行くのは私の役目。
その近くに高校があって、放課後・・・色んな楽器の音が聞こえた。
トランペット。
クラリネット。
ホルンにオーボエ。
フルートやバイオリンの音も混ざってた。
秋になると八幡さんの大きな大きなイチョウの木が黄金に光り、黄色い絨毯の上でしばらく音を聞きながらぼーーーーっとするのが好きだった。
新聞紙に一個づつ包んである卵。
お店のおばあちゃんがいつも一個おまけで入れてくれた。

今朝、末っ子が私に言う。
「俺の学校の裏にあるお宮さん?かなーーー???
そこに大きな銀杏の木があるんよ。
ものすごでっかい木でな、今ちょうど紅葉してきれいなんよっ。
俺、掃除の時間にいっつもそれ眺めてるん。
あれはほんまに見事じゃわ。」

その木はまさしく私が好きだったとっておきの銀杏の木。
お遣い途中で見上げたあの木を今は息子が眺めてる。

e0136420_11581894.jpg

[PR]
Top▲ | by m_nonohana | 2013-11-21 09:36 | 暮らし | Comments(6)
Commented by cool-witch at 2013-11-21 18:12
あ!私も子どものころお豆腐を買いに行かされた。
今じゃ、その家は跡形もないけれど、
今でも、当時の路地が目に浮かびます。

昔の(と自分で言ってしまうことの腹立たしさよ)子どもは、
お使いなどの手伝いをよくしてたなぁ。
Commented by tamakipapa at 2013-11-21 20:25
こんばんは
豆腐の一丁売り、私も母親に頼まれ鍋を持って買いに行ったことを思い出しました。
それを思うと今は風情も情緒もありませんね。

親子二代に渡って同じ大樹を見る、、、
イイ話です。
私は娘に期待できるかなぁ~?w
Commented by m_nonohana at 2013-11-21 21:55
*coolさんへ*

こんばんは。
あら、coolさんもお豆腐当番さんじゃったん?
^^
お水がこぼれんように持って帰るのって技が要るんよねーー。
ま、私は不器用なんで、ぽちゃぽちゃこぼす名人だったよ^^
Commented by m_nonohana at 2013-11-21 22:13
*tamakipapaさんへ*

こんばんは。
当時の木綿豆腐はおへそがあって、真ん中プクってなっとった。
今のお豆腐・・・おへそ無いね。何でなんかな。


ついこの間修学旅行でグアムに行って帰った末っ子なのですが、
買ってきたものがノニの石鹸(・_・;)
は?でしょ?
ブランド物やナッツチョコとかの定番お土産じゃなく、石鹸ですよ?
もう笑いましたよ、私。

いいな や
好きだな が
似てます。




Commented by odorunonki at 2013-11-22 18:58
こんばんにゃお~~ん。
ののはなさん、お久しぶり。
何か・・・昔の話に花の奥がツーンとしたよ。
時を経て、息子くんとののはなさんが同じ風景を気に入ってるなんて
素敵な話だね。

うちは公務員の官舎がズラーーっと並ぶ団地に住んでたから、
お豆腐屋さんは軽トラックで売りに来てたよ。
そこに買いに行くのは、時々私の役目だった^^
空きビール瓶持ってお酒屋さんに行って、ビールを買って来るのも
私の役目だったよ。
毎日は飲んでなかったな~週末のお楽しみだったのかな?
大事にお腹に抱えててくてく歩いて・・・。
ぬるいビールになってなかったんだろうか(笑)
何か昔はのどかでよかったよね~。
ののはなさんの文章、本当によかった。
また鼻の奥がツーンとするよ。
Commented by m_nonohana at 2013-11-22 22:50
*のんきさんへ*

こんばんは、のんきさん。
いつもイイネだけ押して帰る状態の私なので、こうしてお喋りするのも久しぶりじゃね。
のんきさんファミリーの旅行日記。
わくわくしながら読みましたよ!


さて、昔、昔のお話。
昭和なお話^^
小さい子がひとりで買い物に行っても安全安心な時代でしたなぁーー。
お店の人も
地域の人も
褒めてくれたり、叱ってくれたり。
あの頃は大人たちの目があらゆる所で光ってた。
外でもちゃんとしてなかったら、あとで大目玉。
逆にお利口さんが出来たら大絶賛。
褒められると小さな心も満たされて、ちょっとだけお姉さんになったような気分でした。

空きビール瓶持って酒屋さんかぁ。
そう言えば、ばあちゃんちに泊りに行くと、親戚のおっちゃんたちのたばこを買いに行かされとった。
たばこやお酒、今じゃ絶対買えんよな。
未成年に売ったらいけんのじゃもの。
な。
時代じゃね。ほんま。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< たのしい休日。 | ページトップ | 待ってます。 >>
"City Moon" Skin
by Animal Skin