Top
てくてく+わくわく+ぱくぱく。
今日は姪っ子に誘われて私の故郷を歩いて来ました。


まず足を運んだのがここ。
          ↓
府中ノスタルジア横丁
なかなか雰囲気のあるイベントでした。
懐かしの商店街もゆっくり回り、いや実際、シャッターが閉まったお店がほとんど嘗ての賑わいは全く見られずでしたが、小6まで住んでいた思い出いっぱいの町。
あの頃の音や匂いが蘇ってくるような・・・そんな気持ちに包まれました。

お昼はRomo cafeさんで。
お会計はなんと姪っ子(@_@)
「ばあちゃんにお小遣いもらったけぇ、ここは私が払ってあげる♪」
「えっ!ほんま?」
アハハっ^^姪っ子にご馳走になると言う、厚かましいおばちゃん。
ランチプレートにおまけでくっ付いてたガトーショコラが絶品だったので、尋ねたら、「お持ち帰り用にもお出しできますよ!」とのこと。お土産に買って帰りました。
あっ!ケーキはちゃんと自分で払いましたよっ!(当たり前~当たり前~♪)

そしてお腹いっぱいになった後で、もう一軒。(は?まだ食べるんか?)
これまた懐かしの東屋です♥
ギフトにしたかったので寄り道しました。
ここのアイスは日本一♪と思っており^^
たまに末っ子が駅から呼び出し掛けてくる際に(-_-;)2人で立ち寄ったりもします。
私の一押しはアイスキャンディーミルク。
昔ながらの製法を頑固に守られてるだけあり、変わらない味がこれまた口いっぱいに広がるのでありました。
嗚呼・・・幸せ、幸せ。
故郷って・・・なんでこんなにいいんだろ。
ほっとする町。
癒される町。
たとえ寂れていても永遠に一等賞の場所。
それが故郷ってもん?


    ^^


PS.
昨日の日記に温かいコメントありがとうございます。
ささくれていた気持ちが潤いました。
まだ傷口は癒えないけど、大ケガは免れました。
もっと早く吐露すればよかった。
ありがとう。ありがとう。

[PR]
Top▲ | by m_nonohana | 2013-03-30 23:30 | 暮らし | Comments(4)
Commented by cool-witch at 2013-03-31 10:27
街が寂れていくのって寂しいよねぇ。
こんなはずじゃなかったのに、
って高校生の頃の自分が描いていた未来図との違いにがっかり。

ところで、おごってくれる姪っ子、貸してくれぃ。
Commented by m_nonohana at 2013-03-31 18:08
*coolさんへ*

故郷の商店街。
嘗てはアーケード街で、専門店が軒並びそれはそれは賑やかでした。
小さい頃浴衣に下駄履きで夜店にも連れてってもらって。
皆さんが「可愛い~♥可愛い~♥」と言って下さるので、父は自慢顔だったんですって。
あっ!可愛いって浴衣姿のことですよ!あしからず^^

おごってくれる姪っ子。
いつでも貸出し致します。
少々神経質で面倒かけると思いますが^^


Commented by kimagure-dog at 2013-04-01 16:50
可愛い姪っ子ちゃんやね!
あのシュークリームの姪っ子ちゃん?
ほっと、する場所で美味しいもん食べて、おごって貰って良かったね。
大阪の商店街も、シャッターが下りたままのお店が増えてきているよ。
後継者不足と景気が悪いのが原因みたい。
Commented by m_nonohana at 2013-04-01 17:43
*めぐままさんへ*

あのシュークリームの子は次女の方の姪っ子で。
今回は長女の方の姪っ子とデートでした。
女子は華やかでございます^^

さて、寂れていく商店街。
大型スーパーとかショッピングモールとか、今はそういうのが主なんかな。
商店街は商店街の良さがあったよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 巣立ちの時。 | ページトップ | ブログ。 >>
"City Moon" Skin
by Animal Skin