Top
夢を叶えるために・・・・
e0136420_16441911.jpg

次男の高校が決まるまで、お祝い気分になれなくて(本人にゃ悪いけど)
卒業夜のケーキはおあずけ。


昨夜の晩ごはん。
「卒業記念のパーティじゃね?何食べたい?」と主役に聞いてみた。
すると、
「う~ん・・・・お鍋かな。」
「えっ!?お鍋? ほいじゃいつもの食卓と変らんね^^ ええの?」

  



きっと今日の発表のことが気になってたんだと思います。
特別に何かをしてもらう気分にはなれんかったんじゃね、きっと。
なので母さんは普通にお鍋を作りました。
お味噌ベースのリクエストだったので、珍しく濃い目のお味。

「母さん?お鍋おかわりしてもええ?」
ハハハっ^^ 現在ダイエット中の次男。
ごはんは一膳。おかずも一人前って約束なんです。
だからそう聞いてきます。(律儀じゃな)
「は?勿論ええよ!ええよ!3年間がんばったお祝いじゃもん、
     今日は遠慮のぅおかわりしてくださいな!」
にっこり笑顔で「ふ~ん じゃ、おかわりしよっと!」

いつも何かを気にしながら過ごす次男。
えっとこれはいいのかな?
えっとこれでいいのかな?
自信が無い分、いつも誰かに確認とってからの行動が気になるところ。
大丈夫よ、そんなイチイチ気にせんで!と思うことと、
あらら・・・ちょっと気にして欲しいけど?って思うことが混ざり合う^^

中学になって自尊心が育ったぶん、難しい面が増えていました。
でも、それも大事なこと。

これから高校生になると、もっともっと難しくなるんだろうなぁ・・・。
でも、それは普通なこと。

いつもいつも次男を特別って思うんじゃなく、
うん、兄ちゃんもそうだったよ!って言ってのけたい。
実際あの子だけが失敗するとは限らないしね。

公立高校選抜Ⅱ・・・不合格
でも、立ち止っちゃいられないから。どんどん前に進みますよ。
合格しましたぁ・・・その記事、待っててね。
[PR]
Top▲ by m_nonohana | 2009-03-12 17:24 | 暮らし
<< ピチピチ♪チャプチャプ♪らんら... | ページトップ | 長い夜 >>