日々のひとコマ        
by ののはな
友、Yちゃんのこと。
10年ぶりに友から電話があった。
彼女とは同じ中学に通い、家も近所。
でも何がきっかけだったのかな?私には見当も付かないのだけれど、急に音信不通になった友。
e0136420_11512370.jpg


私はいわゆる転校生で、中学でたったひとりのスタートだった。
その中学、市内でも超田舎で、私以外の子は保育園時代から幼なじみ状態。
そんな雰囲気に馴染めず当初学年でも浮いた子だった。
休憩時間になる度、「あの子?あの子が〇〇さん?」みたいな声がひそひそ聞える感じ。
はっ?それって私のこと?・・・ハァ・・・とても居心地悪くって。

それまで通ってた学校では、学年みんなと仲間で積極的に行動するタイプだった私。
そんなかなり生意気系オーラを出してるから余計「あの子何?転校生のくせに!!!」みたいに女子から見られていたのでしょうね^^

特に何人かの仲良しグループで常に行動する形態に違和感があった一匹狼ののはなさんだから、周りの子からすれば『変わった子』に映っていたのだと思います。



どれくらいたってからかな?少しづつ私のまわりに色んな子が集まってきた。
部活が一緒の女子だったり。
委員会が同じ子だったり。
塾で顔見知りになった子だったり。

そんな中、Yちゃんとはとても気が合い、お互いの家を行ったりきたりするようになって。
2人で長崎や松山を旅したこともあったっけ。
卒業して違う高校に通うようになっても、そしてその先の進路で全く違う道を歩み始めても、
Yちゃんとの関係は変わらず同じようにすすんでいた。

結婚が早かったYちゃん。
京〇で新婚さんして、〇津に新居を構えた。
それぞれお腹に赤ちゃんができてからは、ベービー服やベービーグッズもレンタル交換して間に合せたりした。
お母さんになってからもお里帰りの途中、必ず寄ってくれてたYちゃん。
でも、約10年前からピタっと交流が止まってしまって。
ん?どした?何?何?
何度か年賀状も出したけど、Yちゃんからは届かず。
きっと何かの理由があるんね?私はそう思いながら、Yちゃんとのことはそっとそこに置いた。
はい。全くもって見当つかず、何が原因なのかもさっぱり分からず、突然のことだったので。
e0136420_20463598.gif

それでね
先日のこと。
「もしもし?」
電話の声ですぐ分かった。Yちゃんだ
「Yちゃん?今どこから?」
「うん。尾道から・・・・」
「えっ?尾道?」
彼女、〇津のお家を売って、尾道に住むことにしたんだと。
今年の8月から家族みんなでこっちに帰ってきたんだと。
ハァ、そうなん?急なことで驚いた。
「別に特になんてことないんやけど、思い立って電話したん。なぁ、元気だった?」とYちゃん。
「はっ?何それ?うちは元気よ。それよりYちゃん、何で急に音信不通になったん?うち、なぁ~んも思い当たらんのやけど!!!!」
     ↑
  はい、わたくしって実に直球です。
  言いたいことはハッキリ言う。←気が強いじゃろ^^
  
私の性格は十分理解してるYちゃん。
直球の返事はこれ
      ↓
Yちゃん=「きっと怒ってるんやろなぁ~うちが突然訪問したら、何?って怒るよなぁ~ゼッタイに・・って思っててん」
ののはな=「はっ?答えになっとらんやろ?それ!!!」←もっと優しい言い方できん?
ダハハっ^^怖いじゃろ、うちって。
Yちゃんから聞いた突然の音信不通の理由は、うちの次男のことだった。
彼のことを説明しても当時のYちゃんには理解できなかったらしい。
もっと言うと次男を療育施設に通わせると決めたことに対して反対だったのだと。
いくら言っても、聞く耳を持たない私に疲れてしまったってことだった。

「なぁ~んだ。そんなことだったん?
ハハハっ^^ でも、私、間違って無かったよ。
あそこであの時点で療育施設に行くって選択はゼッタイに正解だもん。」
そう答えると、彼女は大きくうなづくようにこう続けた。
「うん。そうやねん。うちな、今その勉強してんねん。
でな、あん時アンタはもうここを学んでたんやなぁ~って分かってん。」
彼女は今子ども教育関連の仕事をしているらしい。
近年ぐっと増えてきた発達障害の子どもたちのこと。
仕事柄少しづつ学んでいるようだった。

「ええよ。何でも。うちが出来ることなら何でも言うて!」
Yちゃん。誰ひとり知り合いもいない尾道で起業することになったようだか、不安なんね、きっと。
ま、彼女はものすごーくバイタリティある人だから、全くもって心配はしてないけど。
こんな近くにいるののはなとしては、思い切って電話を掛けてきてくれたこと、素直にうれしく思ったのでした。
きっとうちの息子たちにモニターにでもなって欲しいって考えているのだ思います。
そんな感がしてるののはなデシタ^^

追記;
 あの日の電話のあと、その件をYちゃんに言うてみた。
「いゃ~アンタって怖いなぁ~お見通しってやつ?きゃハハっ^^」と笑ったYちゃん。
こうしてまた私とYちゃんの時間が元に戻った。
久しぶりに彼女に会いに行こうと思っています。私の大好きな町、尾道まで。
[PR]
by m_nonohana | 2008-11-01 20:51 | 暮らし
<< 大切に使います。ありがとう♪ Halloween="... >>


以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ
手数料
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。


-お知らせ-
ブログ内イラストは全て素材屋さんからお借りしているものです。
私が描いたものではありません。

画像一覧

ファン