Top
競う。
2012年 02月 28日 |
まさしく我が家の今・・・それぞれが競ってる真っ最中。

長男は・・・ライバルさんたちと。
次男は・・・あの子の頭の中に居る全ての人と。
そして末っ子は・・・志望校の受験生さんと。

個性を重んじ誰かと競うことを好しとしない考え方もあるだろうけど。
私は多かれ少なかれ競うことは好しと考えるタイプ。

でも、それは一番じゃなきゃ意味が無いとか、
みんなに勝たなきゃとか・・・ってことでは無く。
現に息子たちにそのような観点で接したことは一切ない。
どちらかと言えば、壁にぶち当たった時も、思った通りの成果が上がらなかった時も、それを責めたりがっかりしたりの態度をとったことは無い。
どんな結果であろうとも本人の存在自体が大事で、結果次第で大事さが変わるなんて、あり得ないし。
素晴らしくなくてもそんなことはどうでもいいことだと思ってきた。

でも、競うことから離れてしまうほど、つまらないものは無い。とも思う。
毎日家に居て、いつも同じようなことしかやってないこの私でさえ、ちょっとした競いはある。
ま、言えば恥ずかしいようなことではあるが、その競いに勝ったときは、やっぱりうれしいし、すっきりして清清しい気持ちになれる。
パパさんだって私と同じように常に何かと競ってる。
ま、ここでそれを上げることは避けはするが、そういう心意気は何となくわかる。
そこはやっぱり尊敬するし、素敵なことだな、とも思う。

どうせ~だからって、諦めたら最後。
やっぱり向上心とか野望とか、秘めたる思いを持ってこそ。

自分自身と競い、その結果何かを掴めた時ほど、うれしいものは無いし。
そんな時は心から満足で充実した気持ちになれるものだ。


負けたくないと思う気持ちは、本当に大事で。
競うことにも意味があり、自分を自分で褒められるようになったら・・・いいなぁって思う。

e0136420_025934.jpg

[PR]

by m_nonohana | 2012-02-28 00:31 | つぶやき