Top
鼻歌♪

突然、ど演歌を載せて・・・どしたん?ののはなさん。
と、お思いでしょ?アハハっ^^
昨夜、急に私の頭の中でこのメロディと歌詞が流れてきたんよ。
えっ?何で???

実はこの曲。私が小さかった頃、大ヒットしとって。
隣んちのおばちゃんが大好きな曲でな。
で、私も自然と耳コピー^^
そうこうしてたら、父も歌うようになって。
ま、父はがっつり歌うとかではなく鼻歌混じりな感じでしたが^^

で、懐かしくなって検索してみると、なかなか歌詞もよいではないかい。

演歌・・・このジャンルは少々苦手ですが、やっぱ心意気的な歌は沁みますな。



いっぽんどっこの唄


星野哲郎 作詞
富 侑栄 作曲


ぼろは着てても こころの錦
どんな花より きれいだぜ
若いときゃ 二度ない
どんとやれ 男なら
人のやれない ことをやれ


涙かくして 男が笑う
それがあの娘にゃ わからない
恋だなんて そんなもの
いいじゃないか 男なら
なげた笑顔を みせてくれ


何がなくても 根性だけは
俺の自慢の ひとつだぜ
春が来りゃ 夢の木に
花が咲く 男なら
行くぜこの道 どこまでも



追記:いっぽんどっこ
      ↑
   意味を調べてみました。ばななさん、サンキュ♪
[PR]
Top▲ | by m_nonohana | 2011-11-07 00:00 | 暮らし | Comments(6)
Commented by tariki5 at 2011-11-07 09:50
のの花ちゃんお早うございます、。
私は歌はどんなジャンルでも聞きます。
演歌からロックまでです。

もちろんこの歌も知ってますよ~~。
元気の出る歌ですねっ! えりこ☆⌒(*^∇゜)v
Commented by peanut-street at 2011-11-07 12:18
先日偶然に「いっぽんどっこ」の意味をラジオで聞きました。
何でも仏教のなんたらかんたら・・(笑
まぁGoogleでググってください^^

息子は「3歩進んで2歩下がる~」です。
Commented by m_nonohana at 2011-11-07 12:41
*えりこさんへ*

おはようございます。えりこさん♪

アハっ^^ チータ ←水前寺清子さんのこと
ほんとは「チーター」って呼ぶんよね。
でも、何故か私の周りの人は「チータ」と短めに言うとったよ。

当時、流行ってましたよね。チータさん。
そういえば「ありがとう」というドラマも毎週観てました。
日本のお母さんってイメージの京塚まさこさんが出演されてたっけ。
割烹着が似合う昔のお母さんって感じだったよねぇ。
嗚呼・・・懐かしい~。

    
Commented by m_nonohana at 2011-11-07 12:50
*ばななさんへ*

ばななさんの日記。
その後が気になって気になって落ち着きません。
例の健康調査?だったか?
いつどこで何をして何を食べたかってやつ。
そして今回、突然設置してあることに気付いた不気味なポスト。
頭から離れなくてな。
傍や私の日記は・・・・超お気楽じゃ。
でも、なんか神妙になりすぎてもいけんかなとか思って、
どうでもいい内容になっちまってます。

PS.
息子くん。
「3歩進んで2歩下がる~」 と言うことは、一歩前進は確実。

    ^^


  ^^
Commented by chocorachocora at 2011-11-07 16:01
あ~この歌、歌いだしのところ知ってるけど、
こういう題名だとは知りませんでしたー
チータ 懐かしいですね。
たまーに今でもテレビに出ることありますが、
全然年をとってない姿にびっくりします。

うんうん、昔の歌は短い歌詞で良い詩が多いですね。
最近のは、ダラダラと長すぎてなかなか覚えられませんね。
Commented by m_nonohana at 2011-11-07 17:21
*maamaさんへ*

こんばんは~♪ 
チータ・・・ニックネームこれであってる?
私、チーターが正式かと思っとったわ^^

さて、さて。あの時代って確か・・・
青江三奈さん、ちあきなおみさん、藤圭子さんたちが活躍しとっちゃった時代?確かその頃かな?とにかくほんと昔よなぁ。
あの頃、歌謡曲全盛期じゃなかった?
そうなん、そうなん、歌詞がええのよ、歌詞が。
懐メロっていうんかな、ジャンルで言えば。
私、天地真里さんが好きじゃって。そのあと、アグネス・チャンに移り気して、あとは、浅田美代子ちゃんに麻丘めぐみちゃんも可愛かったぁ。
アハハっ^^昭和のアイドル。 
私って何歳? ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 男らしいね♪と、たまに言われる^^ | ページトップ | おっ! >>
"City Moon" Skin
by Animal Skin