くらしの手帖
siroigohan.exblog.jp
日々のひとコマ        
Top
思うこと。
2011年 08月 14日 |
今日は次男と2人で映画館に行ってきました。
ジブリ作品・・・『コクリコ坂から』

去年は夏休みの最後の土曜日に末っ子と次男とでアリエッティを観に行ったのを思い出します。
今年は末っ子はお留守番。
「兄ちゃんと母さんとで行ってき!」・・・・家にてひとりでのんびりすることを選択。
そっか、彼もそういう年になったんだな・・・ふとそう思った私です。

嘗て兄ちゃんもそうでした。
自分の世界を持つようになると、いつしか次男と一緒に出掛けるのを避けるようになる。
家族でどこかに行くのはいいが、出先で色々嫌な思いをするのがわかっていて自己防衛。
親としてはまたその気持ちも痛いほど分かるので無理に誘わない。
・・・息子たちがそう思うのは、成長した証でもありますから。

さて、出掛ける前上映時間だけチェックしてたはいいが、チケット売り場にて座席が残り2席と判明。
しかも2人並んでは無理でバラじゃないと空いてなく(・_・;)あらら・・・。
「どうする?ひとりで座って観れる?」
「うん、大丈夫、だって昨日もひとりで映画観たもん。」
「は?そうなん????」

聞けば昨日ひとりでここに来て『忍たま乱太郎』を観たと言う。
なんだ、知らぬ間に映画館デビューしとったんかい。
んなら特に心配することもなかろ。
という訳で一番前列・・・次男、そこから2個下がって・・・私  
はい、スクリーンから大接近の席にて堪能して参りました(^_^)/

e0136420_2128788.jpg


改めて思うこと。
子どもは知らぬ間に成長していると言うこと。

私が思ってる以上に息子たちはいろんなことを感じ、
いろんなことを考え、いろんなことに挑戦しているということ。
兄ちゃんも。
そしてハンディがある次男も。
そして、いつまでも子ども、子どもしてると思ってた末っ子までも。
みんな、みんな、それぞれが少しづつ成長しているんだな・・・。
映画きっかけでしみじみ息子たちの事を考えさせられました。

あっ!そうそ。最後に。
スクリーンの前にて束の間だけど、乙女の気持ちに戻ったりしたんですよ!
『コクリコ坂から』
大好きな作品がまたひとつ増えました。
[PR]
by m_nonohana | 2011-08-14 00:00 | おでかけ
<< ゆっくりできました。 PageTop お盆入り >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon