ひとつ歳をとりました。

ここのところずっと暗い表情の次男。
フリースクールに毎日通うも、お昼を食べたら帰宅する日々。
同じことを何度も繰り返し私に言ってきて、堂々めぐりの会話が続く(-_-;)
頭が重い毎日です。

さて、本日めでたく47歳の誕生日を迎えました。
朝いつも早起きの次男から早々にお祝いを言ってもらい、あとは一切普段と変わらず^^
末っ子もパパさんも予想通りスルーです。

どこか出かけて来よう!前日から密かに計画していたのですが、何時に帰宅してくるか分からない次男のことが気になって、結局家にて待機ということに。
「ただいまぁ~」午後2時半。次男でした。
「お母さん、今日はお出掛けするんじゃなかったん?
                  僕のことが心配で行けんかったん?」
ま、本当のことを言うのは酷なので、仕事が忙しかったから・・・ということにしときました^^

「あっ!そうだ!はるみさんの本、買ってきてくれる?」
次男は常日頃から私が喜ぶようなことをとにかく何でもいいからやってあげたいと考えてる子。
暗い顔が晴れてくれたらいいなと思い、お使いを頼んでみました。
「外、強風じゃけど、大丈夫?行ける?」
「うん、いいよ!いいよ!母さん、はるみさんの本見たいんでしょ?」
e0136420_14153931.jpg

で、買って来てもらった本。
haru_mi 春号




そして夕方になって兄ちゃんから電話が入る。
「母さん、誕生日おめでとう・・・etc」
エヘヘっ^^ 母さん、うれしい♪うれしい♪
でそのあと、パパさんからも電話。
「お母ちゃん?今日はたこ焼き買って帰るけの!」
「?」
朝、毎年のことながら今日が何の日なのか把握できてない様子だったパパさん。
もしかして、気が付いたとか???
e0136420_14161346.jpg

ズバリ!
携帯の日付を見てハッとしたらしく、慌てて買い物をしに行ってくれたそうです。
たこ風船のたこ焼きとすし丸の太巻きと、
そして何故かナッツの缶とマカダミアの実と共に帰宅。
「お母ちゃん、何歳になったんかのぉ?」
ニマニマしながら諸々を渡してくれました。
ウッシッシ^^今日はご飯をせんでええわっ!と大喜びのお母ちゃん。
みんなでたこ焼きをはふはふしながら食べました。
本当は海鮮巻が好物なのですが、ま、こうして買ってきてくれた事を感謝せんとね^^

うちの男衆4人組は(パパさん、兄ちゃん、次男、末っ子)何かと面倒なお母ちゃんのお守りが上手です。
美味しいもんを買って来たら、すぐに笑顔^^上手い具合にできてます。

みんな、ほんまにありがとな。
[PR]
by m_nonohana | 2011-03-02 00:00 | 暮らし