くらしの手帖
siroigohan.exblog.jp
日々のひとコマ        
Top
順々に乗り越えて。
2009年 09月 09日 |
e0136420_14284712.jpg

週が明けて、いつものお弁当つくり。
・・・・あれれ???材料がほぼ同じ^^
でも、ちょっとづつアレンジしてます?←偉いねぇ(自分で言う^^)




e0136420_14341399.gif

話題はガラリと変わります。
先週のこと。末っ子にある問題が勃発しました。
それは4月から通い始めた塾の日の夜のこと。9時半過ぎに先生から電話が入って。

「今日、〇〇くんはどうされましたか?」
「は?〇〇は7時過ぎに塾に行きましたよ?」
「いいえ。今日はお見えになっておりませんけど。」
「・・・・????」
てっきり行ってるはずと思ってた私たち。しかし、あの子は部屋で寝てた

あの日、学校から帰ってずっとTVの部屋で過ごしてた末っ子。
「今日は塾がある日よな?」「ちゃんと支度して行かんといけんよ?」・・・そのように言いました。
夕方しばらくしてそのままうたた寝し始めた末っ子。
こりゃヤバイと思って私は彼をちゃんと時間前に起こし、あの子も「行ってきます!」と一階に下りたんです。
部屋にカバンを取りに行き、そのあと自転車で行ったとばかり思っていました。・・・・確認まではしなかった。
しかし実際には・・・
もうちょっと時間あるな・・・。そう思ってベットにゴロンとなったまま熟睡・・・・結果、塾はすっぽかし
(おいおい!)

末っ子の塾担当=パパさん。(上の子2人で散々色々あって疲れた母さんに代わり)
「今度のこと、ちゃんとあの子に言うてやってな。」 パパさんに丸投げし私はノータッチに徹する。(これが結構難しいのだ)
この場で詳しいこと言えませんが(あまりにも凄すぎて)パパさんはそんなちゃらんぽらんな末っ子に大激怒
実は昨日までわが家は嫌~な空気が立ち込めておりました。
で、そんなこんなで色々あった親子関係。それでも昨夜ある出来事により一件落着。
男同士の話し合いで和やかな雰囲気に戻ったようです。
この間、ふたりの間を行ったり来たり・・・ガイド役の私はくたびれました。
でも、やっとこさ3人めにしてパパさんも人間育てに協力してくれるようになったのですから、有り難いことです。
これまで子どものことは全て私任せって感じで、事が起きた後にパパさん目線で文句言う(特に勉強面に関して)
この態度に、かなり、いえ、相当うんざりしてた私でした。
基本的に何に関してもきちんと相談し、了解得て進めています。
でも、でも、都合が悪くなったら、
「俺は知らん!お前が勝手に決めてさせたこと!」←これが決まり文句でした。
「は?何それ、じゃそん時にちゃんと言うてくれたらえかったじゃん!」←キレ気味の私。
だいたいこんなやり取りで終わり。←何でもかんでも私のせいにして終了マークよ。プン!プン!
もうええ加減堪忍袋もブチっと切れて^^末っ子の勉強(進学)に関してはパパさんが全面的に担当する。
って事になったのです。ですから今回のすっぽかし事件も対応役はお任せしました。
子どもを叱るって行為は本当にエネルギーが必要です。
筋道立てて、本人も納得いくように懇々と話してやることはかなりの労力と真剣さが必要。
でもそれこそが大事な親の役目ですよね。

分かってないようで分かっていたり。
見てないようで見ていたり。
子どもは意外と冷静に大人を観察しているものです。
口では立派な正論を言っていても、普段の何気ない大人の行動の中で、不可解に感じてることが恐ろしいほど多く。
そう、子どもって心が濁っていない分、感性が鋭いからね。

今回の末っ子の件がきっかけでパパさんと子育てのこと、少し話し合うことができました。
あの方も言うのとやるのじゃ大違いって分かってくれたみたいです。(実感したようで^^)

いつか親元から巣立っていく息子たち。
そんな彼らをいつでもどんなときでも助けてやりたい。
アハハっ^^結局親心ってそういうもん。
でも子どもからしてみれば、一人前の大人として、出来る限りのことはやってのけるぞ!って。
子どもなりの意地があるのかも知れません。
頼ってもらうと嬉しい、でも頼ってもらわなくても嬉しい。変てこですね、親というものは・・・。
[PR]
by m_nonohana | 2009-09-09 00:00 | 暮らし
<< 匂いと味と思い出と。 PageTop サンキュ♪です。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon