Top
ひとり言。
朝、9時10分。
次男が作業所に向けて出発します。
「行ってらっしゃ~い❤」
「はい、行って来ます」
彼が毎日元気に通える職場。3年めに突入しました。
午前中は畑、午後はカフェの仕事。
曜日によって内容が変わりますが、外の仕事も中の仕事も、どっちも彼のペースでそして少しだけ高いハードルも越えられるように側で見守ってくださるスタッフさんと日々頑張っているようです。

次男が出勤したら、私はほっとひと息。
なんせ毎日毎日起きて家を出るまで、何かしら悩み事を言うて来るもんでね(>_<)
まぁね、母さんが聞いてやらんといけんのですわ。

ですが、ですが、それが毎日となると・・・しんどかったりもするよ。
真剣に向かって来る人に、ぽか~んとして聞き流したりできんしね。
気が抜けんと言うか、しっかり受け止めてやらんといけん言うか。

今日やらんといけん事は何と何じゃったっけ。
ひと息が終わると事務所に顔を出します。
で、優先順位を決めてから^^その日の段取りを打つ。
今日は・・・大した内容じゃなかったので、ちょっと休憩。
ベニシアさんの録画を流しながらブログ更新。

ですが、いきなりテンションの下がる事も起きております。
お義母さんの食卓の椅子に「ふりかけ」がドサッと落ちていたのをさっき発見したからでっす。
「は?は?何で?何でこうなる?????」
お年寄りと暮らすって事は本当に大変です。
予期せぬ事が次から次へと勃発するんです。
座布団を叩いて椅子の方はブラシを掛けました。
ハァ・・・・
気が滅入るので事務所に行ってきますね。
何も考えず仕事してた方がマシ。


[PR]
Top▲ | # by m_nonohana | 2017-01-17 09:52 | つぶやき | Trackback
雪。
積りました。

息子たちが小さかった頃、こんな風に雪が積もると起きるなり外に飛び出したものです。
長靴穿いて手袋して当分帰って来ませんでした。

あいつら一体どんな格好して戻ってくる?
家の中で待機の私は洗濯物の方が気になり^^
もしかしたら一旦戻ってまた着替えて出るかも・・・とかね。

ほっぺは真っ赤、手袋と帽子をべちゃべちゃにさせ嬉しそうに「ただいまぁ~~」
どの子もええ顔しとったなぁ。
子どもは雪が積もるとうれしがる生き物。
滅多に積らない雪を存分に楽しんで欲しいと洗濯母さんは諦め顔でした。

e0136420_1040473.gif



[PR]
Top▲ | # by m_nonohana | 2017-01-15 10:22 | 懐かしの思い出 | Trackback
私の暮らし。
去年の暮れの、とある日。
突然お義母さんからお願いされたことがひとつ。
それは・・・・「夕飯の時間を変えて欲しい」とのこと。

我が家は仕事柄家族全員揃って食事をすることが困難。
一番に息子。
夫は仕事終わって。
で、夫両親は朝も夜も7時半と決めていました。
ま、決めていても時間通りに食卓に着かれることは無いけど(+_+)
時間を決める迄は・・・「出来ました!」と声を掛けていました。
しかーーし、ご飯ですよ!と声掛けしても全く無視。
その事がストレスでストレスで溜まらなかった私。
だからもういっその事声を掛けなくても済むようにと、時間を決めたんです。

その時間を変更してほしいって。
「何時にしたらいいんですか?」
「う~ん・・・そうねぇ。6時半?」
「いいですよ?じゃ6時半ってことで。そのかわりちゃんと守ってくださいね?」

そのルールになって約3週間。
・・・・今日は8時前に食べに来られました(ーー;)
6時半に食べさせろって言うたんじゃなかったん?(;一_一)と腹が立ちます。
が、想定内、想定内。
そんな事だろうと思っていました。

こんな事でイライラしても何の得もありません。
相手は思うように好きなように生きておられる怪物さんだからです。

私は毎朝4時半~5時の間に起きます。
誰も起きてない時間・・・最高です。
まず珈琲を淹れてPCやったり好きな音楽を聴いたり。
起きてすぐ家事に取り掛かったりはしません。

早起きするには理由があります。
誰かの為に何かをする時間じゃなく、自分の為に好きなように使う時間。
これぞ至福の時^^です❤
このとっておきの時間を持つことで、どうにかこうにか平気な顔して過ごしていられるような気がする。
のでした。






[PR]
Top▲ | # by m_nonohana | 2017-01-12 22:38 | 暮らし | Trackback
成人の日
我が家三男。成人式でした。
あの子ずっと前から楽しみにしていたのに、帰って来ず(+_+)
はい、式典にも行かずでした。

お正月に帰省した際、ふと質問してみたんです。
「なぁ、あんた同窓会ものすご楽しみにしとるみたいじゃけど、案内とか来とるん?」
「は?何それ。案内ってどういうこと????」
「ああ、普通は同窓会を開く場合、往復はがきで出欠取るんよ。実家には届いてないけど直接あんたんとこに来とるわけ?」
「いや、そんなん何も来てないけど?」
・・・・・
ですよね、です、です。
初めての成人式。
初めての同窓会。
あの子の頭の中では式典に行けばその流れで同窓会が開かれるんだという段取りになっていたようで。
「俺、高校の時のはどうでもええんよ。」
「中学の、中学ん時の奴らと会いたいんよ。」
「ま、同窓会が無いにしても、あっちで会ったらその流れでどっか行ったりすればええじゃん。」
「うん・・・ま、そうよな。」
何となくこの時点で帰ってこないな・・・と想像していた私です。

別にいいんです。行くか行かないか。
そういうのは本人が決めることなので。

案の定。5日から講義があるので一旦あちらへ戻っていた三男から電話。
「俺、成人式に帰らんけぇ。」
「うん、わかった。了解。」
あっさりしたもんです、私。
でも、夫はそうもいかなかったようで、一生に一度の成人式に出ないなんてどういうことかと^^電話入れたんだとさ。
そうな、人生の先輩としても言うてやりたい事があるでしょうし、ね。

三男は4月1日生まれ。
同級生の中で一番最後に20歳の誕生日を迎える人。

あいつの本当の二十歳の記念日に、何か形にしてやれるものはないかと・・・
昨日ふと思った私。

まだ、
二十歳にはなっていないけど。
「成人の日」おめでとう。
そこはちゃんと言うときました^^

e0136420_8284653.jpg






[PR]
Top▲ | # by m_nonohana | 2017-01-10 11:18 | かぞく | Trackback
新しい年。自分らしく。
年が明けて一週間。少し落ち着いてきました。
6日にやっと個人の年賀状を投函し、三が日までに届けられなかった事が気になっていたのでほっとしました。
今、心から新年を味わっています。

実は年賀状という風習に数年前から疑問を持っていました。
「はよお 出さんと 元日に届かん」
・・・なんかよぉわからんけど、使命感と戦っていました。
仕事関係の場合、必死で年内に投函してもどうせ相手先の会社はお正月休み。
何日に届いたかなんて誰にもわからん事。
それに。
表も裏も印刷で、使命感の塊。
はっきり言うて心は全然こもっていない。
しかし、新年にこの賀状が届かないと「ん?」とか思われてしまうような・・・そんな気がして。
一軒も漏れないように、前年と変更されてる箇所はないかと確認しながら最新の注意を払い、
何が何でも年内に投函するぅーーーーと、意地になって頑張るのです。
そして仕事関係のが終わると個人の。
まぁね、この流れで個人のに取り掛かると同じような感じになりますね。
ふむ。・・・・それってどうなん???私。
恩師や親戚、同級生や元同僚、そしてブロ友さん。
そういう私にとって大事な方にこの同じ流れでええの????ってね。

いや、やっぱり心を込めて書きたいし、出したい。
宛名も自筆で書きたいし、メッセージも入れたい。
そうなんよね。使命感な年賀状にしたくないな。と。
(ここ数年は宛名は印刷でガガガガってプリンターに。なってしまってる^^;けど)
又、届いた年賀状を見る時。
まず仕事関係と個人向けとに分け、こちらからも出しているか否かをチェックし、出してなかったら即書いて出す。
この作業がこれまた結構な時間を要すので、大事な方から頂いた年賀状をゆっくりじっくり味わえない。
はい、かなり事務的になってしまうのでした。
せっかく出してもらった大事な年賀状を「どなたからだ?」を優先して見る。
それも何かどうなん?ってモヤモヤ。でした。

今年は違います。
会社宛ては年内にきちんと出しましたが
個人のは私が心を込めて書ける状態になってからにしようと・・・暮れまでに一枚も出せていませんでした。
親友のMちゃんから。
「あんたからの年賀状、まだ来んで?」
^^3日の午後電話が入りました。
「うん、だってまだ書いてないんじゃもん。」
「は?書いてない??マジか。」
呆れてましたな、Mちゃん。
でも、私の現状をよぉーーーく知ってくれてる彼女。
「じゃ、首をなごうして待っとくわ!」と笑って許してくれました。

新年を迎え。
私宛の年賀状をゆっくり見る。
なんでしょうねぇ。
これまでにない幸せな時間。となりました。
ありがとうございます。
うれしいです。

そんなこんなの私ですが、今年もどうぞよろしく。
でっす。


e0136420_15184142.jpg





[PR]
Top▲ | # by m_nonohana | 2017-01-09 07:00 | つぶやき | Trackback
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin